02

OGAWA HIROKI

小川寛生

社会インフラ事業部 営業サポート課

2021年入社/鳥取県鳥取市出身/公立鳥取環境大学卒

先輩社員がみんなやさしく
話しやすい雰囲気の職場です。
第一線で活躍する専務の姿にも感動。

カネックスの強みはお客様重視の姿勢。
現場の声を聞くため舗装中も足を運んでいます。

大学で紹介されていた求人動画を見て、鳥取の企業だったので気になり申し込んだのがきっかけ。
見学した際、特に印象的だったのは西日本最大規模という工場の迫力です。
ただただすごさを感じましたね。アスファルトは、世の中にどういうふうに役に立っているのかがわかりやすくていいなと思ったので入社しました。
実際に入社して思うのはお客様重視の姿勢の素晴らしさ。道路舗装の注文が入ると、営業の方は現場に行きヒアリングをします。
舗装中も、この日には何トン必要か確認したり、現場の仕上りをチェックしたり、話を聞きに足を運んでいます。
同業他社にはここまで現場に行くところはないと思うので、そこがカネックスの自慢できるところですね。

わからないことも聞きやすい雰囲気の職場。
専務から指導してもらえる環境にも感動。

現在は営業サポート課として、廃棄物の受付や、それに必要なマニフェスト(行政指定の書類)の処理を主にしています。
社員のみなさんがやさしく、わからないところも質問しやすい雰囲気なので安心して仕事に取り組めています。
感動したのは、直属の上司である専務が第一線で活躍されていること。
キャリアである専務から直接指導してもらうこともあり、心が熱くなりました。
また、カネックスは資格取得のバックアップもあるので、建設重機や作業用建設機器を扱うための資格や、公害防止管理者の資格取得に積極的に取り組んでいます。
資格取得により少しずつ仕事の幅も広がっているので、今後も工場内のさまざまな場面で活躍できる人材になれるようがんばっていきたいです。 。

小川寛生

他の先輩社員インタビューを読む